2話:太陽神(アポロン)【ダンまち】TVシーズン2

スポンサーリンク
TVシーズン2【ダンまち】
この記事は約5分で読めます。

このページでは、アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のTVシリーズシーズン2の2話の感想と、あらすじをお届けします。

あらすじ:2話:太陽神(アポロン)

Aパート

神々の宴にてアポロンはヘスティアに戦争遊戯(ウォーゲーム)を申し込む。

しかし、ヘスティアは断固拒否して会場を後にした。

翌朝、ベルがダンジョンに向かおうと、ホームを出ようとした時。

アポロンファミリアの眷族が、大勢で待ち伏せしていたのだ。

ベルを確認すると、アポロンファミリアの一斉攻撃が始まった。

やむを得ず、ベルとヘスティアは逃げることになった。

ベルとヘスティアはギルドへと向かった。

しかし、その行く手にはダフネとカサンドラたちが・・・

ダフネより諦めてアポロンファミリアに入るよう説得される。

しかし、ベルは拒絶して逃げる。

今度はベルたちの前にヒュアキントスが現れる。

ベルはヒュアキントスに戦いを挑む。

しかし力の差は明らかで、ベルは一方的に攻撃を受けてしまう。


Bパート(9:03より)

ベルは諦めずに斬りかかるが、ヒュアキントスには通じない。

ヒュアキントスは、ベルに致命傷を負わせるために武器を振りかぶった。

その時、ナァーザが弓矢を放って援護した。

そのすきにヘスティアがベルに肩を貸して、その場から離れようとする。

しかし、アポロンファミリアの眷族たちが迫った。

そこへ、桜花、命、千草の3人が助っ人に来たのだ。

さらにヴェルフ、リリルカ、ミアハも駆けつけた。

ミアハからポーションをかけてもらったベルは回復。

しかし、不利な状況のため一時撤退をすることに。

この場はタケミカヅチファミリアの3人に任せて他一行は逃げた。

しばらく進むと、追っ手に出くわしてしまう。

ここでヴェルフとリリルカが足止めを買って出た。

ベルとヘスティアは先を急ぐ。

リリルカは追っ手と戦う中で、ザニスと再会する。

ザニスを見たリリルカは戦意を喪失し、ザニスと共にその場を去ってしまう。

ヴェルフは戦っている追っ手が、ソーマファミリアの団員であると気付く。

その後ヘスティアは、向かう方向をギルドではなくアポロンファミリアへと変更した。

アポロンファミリアに到着すると、ヘスティアはアポロンに宣言した。

ウォーゲームでの勝負、受けて立つ!

それを聞いたアポロンは満面の笑みを浮かべた。

アポロンファミリアを出たベルとヘスティア。

そこへヴェルフが来て、リリルカがソーマファミリアへ行ってしまったことを報告する。

ベルは反射的に助けに行こうとする。

しかし、ヘスティアがベルを止めた。

そして、ヘスティアはベルに言った。

ウォーゲーム開始までに、可能な限り強くなって欲しい!

ベルはヘスティアの想いを胸に、特訓することを決意する。

アイズとティオナはベルに特訓相手をお願いされると、快く引き受けた。

ベルは絶対に強くなって、ウォーゲームに勝利すると決意した。

3話へ続く

感想(印象に残ったシーン)

何も悪い事していないのに・・・
なんとも不運な事情で追われることになったベルとヘスティア。
出かけようとしていきなり攻撃を仕掛けられたら・・・ビビっちゃいますよね!
それでも何とかヘスティアを守って、逃げようとするベルはええ子や。
それにしても今回はヘスティアが大活躍。
何度も見せ場を作っています。

16:30 ヘスティアがベルと2人で逃げても構わないと言ったシーン

水路の陰で身を潜めて辺りを窺っているところです。
ここでヘスティアのベルへの想いが溢れちゃいます。


ヘスティアの心の底からの愛を感じました。
覚悟を決めて一生逃げ回っても構わない!
そこまで言い切れてしまうヘスティアの真剣さが伝わってきます。
一方ベルは、全く予想もしないことを告白されて戸惑うばかりで・・・
それがまた初々しくて・・・年齢相応の反応ですね。
ただ尊敬できる神様から、ベルの意識が変わる日はくるのでしょうかっ!?

18:45 ヘスティアが手袋をアポロンの顔面に投げつけるシーン

ウォーゲームの勝負に受けて立ってやる!とたんかを切ったところです。
覚悟を決めたヘスティアの勢いが印象的なシーンです。
これでいよいよファミリア同士の戦いは避けられなくなります。
しっかし、手袋を顔面にぶつけられた後のアポロンの顔が・・・やばいです(笑)


1話に引き続き、キモさが120%ぐらいでしょうか(爆)

20:10 ヘスティアがベルに強くなるんだ!と言うシーン

先ほどの水路での会話とは変わって、主神として存在感のあるシーンです。
ヘスティアは単なるやけくそでウォーゲームを受けたわけじゃなかったんですね。
僅かな望みでも、諦めずにチャレンジするぞっ!と意気込みが伝わってきました。
リリを助けることは任せて欲しい。
だから強くなって、勝って欲しい。
なんて言われたらベルも頑張らずにはいられませんね!

21:45 アイズとティオナの2人が特訓を引き受けてくれたシーン

本心では協力してあげたい気持ちだったアイズたち。
しかし世間体もあって、表立って別ファミリアの立場で動くわけにはいかなかった。
ここでティオネの一芝居でベルは救われます。
1話のベートに続いて、ロキファミリアの皆さまにはお世話になってますねー!
そして、ベルはアイズとティオナの協力を得て必死に勝つための努力をすることに。


ヘスティアに胸を張って報告ができるよう、ベルは決意を決めるのです。
ヘスティアのベルに対する愛情とは違いますが・・・

ベルもヘスティアからの想いに応えようと決意をします。
ベルの真っすぐな気持ちがストレートに描かれていて気持ちがいいです。
ますますこの後の展開も気になりますね。

3話:集結(コンバージョン)【ダンまち】TVシーズン2
このページでは、アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のTVシリーズシーズン2の3話の感想と、あ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました